高山市 大工が建てる家 大窪工業:デザイン、設計、施工は全て自社で行いました。お客様の立場で考える、新築住宅、リフォーム 飛騨の大窪工業

HOME l 施工事例 >大工が建てる、大工の家  > 新しい2世帯住居 > 雪国育ちの木造在来工法  > 自分の山の木で家づくり | ■リフォーム施工事例

  高山建築組合へリンクしています メールで問い合わせ
       

逆光でも存在感のある外観。

シンプルな造りは外からも分かります。

玄関も自然の木で迎えてくれます。

優しい白無垢の木の和室。

欅の木が壁のオブジェに!
雪国 飛騨
この家は、飛騨で育んだ木造 在来工法で造られている。
雪の重みに耐えるように、基礎は18mmの太い鉄筋と厚いコンクリートで固められている。
また、屋根に積もった雪降ろしを楽にさせるよう、自然落下させるよう屋根に傾斜を付けている。
冬の寒さには、次世代断熱材「ネオマフォーム」を使用している。
もちろん、施主様のこだわりも満足させている。
檜の板が壁に貼られていたり、今では珍しい和式のトイレにも こだわった。
もちろん、この家には 飛騨の匠の技も十分にいかされている。

基礎は太い18mmm鉄筋を使用。

コンクリート幅も、もちろん厚い。

かんなの刃が自立します。
さすが、匠の道具。

大工の技 かんなの薄削り。






昔ながらの上棟式。

床の断熱材も、次世代断熱材
ネオマフォーム。

壁もネオマフォーム使用
筋交いも多くすることで強度をアップ。

天井の断熱材も、もちろん
次世代断熱材 ネオマフォーム。